Evidence

エビデンス

Evidence 01

人の目となりパフォーマンスを向上

アップロード後に分析・処理

クラウドでのAI活用は
リアルタイム処理が課題

工場の生産ラインなどの自動化は、その場で検知・検品できるリアルタイム性が必須。
そのラインの流れのスピードに合わせたAI活用は、クラウドに一度アップロードする処理方法は非現実的で効率が下がってしまう危険性があります。

高速かつ高精度な
リアルタイム処理を可能に

撮影している映像を、クラウドを介さず現場でそのまま処理し、瞬時に分析を行えるのはエッジAIならでは。
そして圧縮していない鮮明な映像を処理できることにより、非常に高い精度で検品から制御までをコントロールできます。

その場でリアルタイム分析・処理

Evidence 02

プライバシーとコストの問題

通信コスト大 プライバシーの問題

映像によるAI活用

昨今における映像処理でのAI活用は、撮影しているデータをクラウドにアップロードし、その映像をAIが処理・分析を行うクラウドAIが一般的です。
しかしながら撮影したそのままのデータがクラウドに送られることから、通信量が膨らみ大きなコストとなってしまっています。
さらに人物の映る映像データであれば、その映像が不特定多数の目に触れるプライバシー侵害の危険性も。

「クラウド」から、
現場の「エッジ」処理へ

私たちが提供するエッジAIは、環境に応じたプロダクトとソリューションを提供し、その場で処理をすることにより、より高速かつ高精度のAI活用を実現。
その処理結果のみをクラウド経由でお知らせすることにより、大幅なコスト削減が可能になるとともに、映像がクラウドに送られずプライバシー侵害の心配もありません。

通信コスト削減 プライバシーも安全