• TOPページ
  • ニュース
  • EDGEMATRIX が米国 Cloudian からスピンオフし、NTT ドコモ、 清水建設、日本郵政キャピタル 3 社からの資金調達および協業

News

ニュース

プレスリリース

EDGEMATRIX が米国 Cloudian からスピンオフし、NTT ドコモ、 清水建設、日本郵政キャピタル 3 社からの資金調達および協業

5G 時代 IoT の主流となる高精細映像などの大容量データを、データ生成現場にて AI 処理し活用する「エッジ AI 事業」を、いよいよ本格展開。 高精細映像などの大量データを現場(エッジ)でリアルタイムに AI 処理するためのデバイス「Edge AI Box」、エッジ AI の統合管理・収益化プラットフォーム、およびソリューションの 3 つの事業を提供する EDGEMATRIX(エッジマトリクス)株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 太田 洋、以降 EDGEMATRIX)は、2019 年 4月 26 日に設立、同年 7 月 1 日に米国 Cloudian Holdings Inc.及び日本法人クラウディアン株式会社からAI 事業をスピンオフし、株式会社 NTT ドコモ(東京都千代田区、代表取締役社長 吉澤 和弘)、清水建設株式会社(東京都中央区、取締役社長 井上 和幸)、日本郵政キャピタル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 小塚 健一)それぞれと、5G を活用した IoT サービスにおいて、ますます注目されている、高精細映像などの大容量データをデータ生成現場で AI 処理し活用するエッジ AI 事業の活性化に向け、協業することで合意、8 月 6 日(火)付で第三者割当増資により 3 社から 9 億円を資金調達しました。

詳しくは下記をご覧ください。

EDGEMATRIXが米国Cloudianからスピンオフし、NTTドコモ、 清水建設、日本郵政キャピタル3社からの資金調達および協業(PDF) EDGEMATRIX とドコモがエッジ AI プラットフォームの事業化に向け、出資および業務提携に合意(PDF)