Concept

コンセプト

About Edge AI

エッジAIとは

About Edge AIのイラスト

人工知能を活用し
映像を分析する

そもそもエッジAIとは、生成されたデータを現場(エッジ)でそのまま処理して活用する技術です。
IoTの処理方法として大きくクラウド(サーバーで処理)と、エッジ(その場で処理)の二つがあります。EDGEMATRIXでは、映像に特化した形で活用するIVA※をビジネスに役立てるサービスを提供しています。
エッジAIでカメラ映像を分析することで、数百台に及ぶ大規模なビルの監視や、人が立ち寄るには危険が伴ってしまう場所など人の目が行き届かない場所をカバー。さらにその場を見守るだけでなく、顔認証から行動分析、製品の良否判定など数多くの場面でエッジAIの活用の普及を進めています。

Intelligent Video Analyticsの略称、AIを利用した映像解析を行うシステム

Future

エッジAIが生み出す未来

For Safety.

大多数の人々の行動を
瞬時に分析

駅などの公共交通機関では、広い範囲を複数台のカメラでチェックすることが不可欠。その全てを人の手で管理することは現実的ではありません。エッジAIで全てのカメラを一括検知・管理することで、コストを極限まで抑えながら事故発生リスクを未然に防ぎます。

For Work.

工場・建設現場の
安全性と効率の向上

人力では判断できないようなスピードで流れる工場の現場も、エッジAIで処理することで精度と速さを兼ね備えた検品処理を実現。
人の目の代わりとなり、より安全にビジネスを効率化することが可能となります。

For Comfort.

施設での不審行動を
常に探知

一般的な施設での導入はカメラで撮影された映像のプライバシー問題も考慮しなければなりません。エッジAIなら撮影した映像をそのまま処理し、その分析結果データだけを送信するため、写り込んだ人の映像が誰かの目に触れる心配はございません。

Model

ビジネスモデル

ビジネスモデルのイラスト

AIの活用を
当たり前なものにするための
社会とAIをつなぐ柱

多くの企業と連携したネットワークで、私たちはパートナー開発会社様の制作したAIアプリケーションをより多くのお客様に届けられる、小規模・大規模問わずシームレスな導入が可能な仕組みを実現。
お客様の用途・環境に適したAI活用方法をご案内いたします。

エッジAIを
より普及させるために

広く世の中にエッジAIを浸透させるためのサービスを提供しています。